おすすめドッグフードを徹底比較【フードック】のインスタグラム

国産ドッグフード人気ランキング!
良質素材で安心・安全なドッグフードは?

良質素材で安心・安全な国産ドッグフードランキング

愛犬の健康な体づくりに重要なドッグフード。
なかでも、国産の商品は製造されてから手元に届くまでの時間が短いので新鮮といえるでしょう。

ドッグフードに使われている食材は「国産にこだわりたい」という飼い主さんも多いと思います。

フードックの案内犬

さまざまなメーカーから多くの商品が販売されていて、愛犬に適したフードを見極めるのは大変ですよね。

そこで今回は、国産ドッグフードの選び方のポイントやランクインしている商品を参考にしながら、愛犬の健康をサポートできるドッグフードをご紹介します。

「国産のフードを愛犬に選んであげたい」という飼い主さんはぜひ参考にしてみて下さい。

今すぐ見る!【国産ドッグフード】ランキング

国産のドッグフードがおすすめな理由

国産のドッグフードがおすすめな理由

国産ドッグフードとは、国内で製造されたものを指し、外国産の原材料を使用していても日本国内で製造されていれば「国産」と表記されます。

「国産ドッグフード」であっても、素材すべてが日本産とは限らないので注意しましょう。

フードックの案内犬

ただし、国産ドッグフードは製造されてから自宅に届くまでの期間が短い利点があります。

海外製ドッグフードの多くが海路で運ばれ、商品によっては輸送中にコンテナ内が高温となり品質が低下する場合や、
原材料の輸送時間が長いと防腐剤を使って運搬されている可能性があるからです。

原材料を国内生産地で調達しているか」「その原材料はどの様に生産されているか」「製造工場の衛生面はどうか」など、パッケージやパンフレット、WEBサイトに製造過程をしっかり表記している国産メーカーを選びましょう。

今すぐ見る!【国産ドッグフード】ランキング

国産ドッグフードの選び方

国産ドッグフードの選び方

それでは、国産ドッグフードの選び方についてご紹介します。

①原材料をしっかりチェックして選ぶ

国産だから安心と過信してはいけません。生産は国内だけど原材料は海外というケースもあるため、原材料の調達先やどの様な原材料を使っているかしっかり表記のあるものを選びましょう。

原材料調達先と生産工場が近いか

原材料調達先と生産工場が近いか

引用:このこのごはん

原材料は生産工場から出来るだけ近いところで調達できているかによって新鮮さを保ちます。国内で製造していても、海外から原材料を輸入している場合は運送時間がかかるので、どうしても保存料や酸化防止剤などの添加物を使用している原材料もあります。

広報担当

新鮮さを重要視して「原材料の産地」「製造工場」この2つの距離が近いドッグフードを選びましょう。

食材のバランスは取れているか

食材のバランスは取れているか

引用:PETOKOTO FOODS(ペトコトフーズ)

わんちゃんに必要なビタミン、ミネラル、鉄分などの栄養素は天然の原材料から摂取する方が吸収率が高いと言われています。

広報担当

栄養素のバランスを考慮した天然の肉や野菜などをブレンドしたドッグフードがおすすめです。

犬は主に肉食ですが、長い間、人と共存してきたことで雑食性に変化してきています。

アレルギー体質のわんちゃんには小麦などの配合をさけた方が良いのですが、特に心配のないワンちゃんは野菜や穀物などを適度に配合されたもの選びましょう。

腸の菌環境を整えるためにはサツマイモなどの糖質を含むものが原材料に含まれているドッグフードがおすすめです。

アレルギー体質の愛犬にはアレルゲンのないものを活用しよう

アレルギー体質の愛犬にはアレルゲンのないものを活用しよう

引用:ココグルメ

アレルギー体質の愛犬には、アレルゲンを除去したアレルギー対応フードがおすすめ。

食後に体をかいたり、毛が抜けやすい、下痢や嘔吐が続いたりするようなら、わんちゃんはアレルギー体質の可能性があります。

広報担当

獣医さんにどんな食材でアレルギーを起こすのかのアレルギーチェックをお願いしましょう。

アレルギー体質の愛犬にはアレルゲンのないものを活用しよう

食物アレルギーは、食材に含まれるある種のたんぱく質に対する抗体によるものです。この抗体原因を引き起こすタンパク質をアレルゲンと言います。アレルギー体質のわんちゃんは、アレルゲンとなる食材が入ってないかチェックしましょう。

アレルゲンになりやすい食材で代表的なものは「牛肉・乳製品・小麦・鶏卵・鶏肉・大豆」などです。

もし、愛犬がアレルギーならば、アレルゲンになりにくい魚・豚肉・米などを使用したアレルギー対応フードを与えてください。
また、新しいフードを与えるときは、まず少量から始めてアレルギー症状が出ないかどうか確かめるのも重要です。

グレイン・グルテンフリーのフードなら消化に負担がかかりにくい

グレイン・グルテンフリーのフードなら消化に負担がかかりにくい

消化吸収に負担がかかりにくいフードを選びたい場合は、
グレイン・グルテンフリーのドッグフードがおすすめです。

「グレインフリー」とは

「グレインフリー」とは、小麦やトウモロコシなどの穀物を使用していないことです。

穀物には脂肪の分解を抑えるホルモン「インスリン」を分泌させる働きがあります。
過剰摂取すると肥満になることもあるため、太りやすい子におすすめです。

グレイン・グルテンフリーのフードなら消化に負担がかかりにくい
広報担当

グレインフリーのドッグフードは穀物の代わりにたんぱく質を多く含んでいるので消化がよく、腸内環境を整える効果も期待できます。

以下の記事ではグレインフリーのドッグフードの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

グレインフリーのおすすめドッグフード!評判の良い餌を徹底比較!!

グレインフリーのおすすめドッグフード!評判の良い餌を徹底比較!!

保存料や香料の入っていない無添加フードがおすすめ

保存料や香料の入っていない無添加フードがおすすめ

より安全性を意識するなら、保存料・香料・着色料などの添加物が入っていないフードを選びましょう。

ドッグフードには、品質保持のための保存料・着色料や、嗜好性を
アップさせるための香料が使用されていることもありますが、体によいとはいえません。

使用可能な添加物の種類や上限値はペットフード安全法で決められています。

広報担当

愛犬の健康を考えて、より安全性の高いフードを求めるなら無添加フードがおすすめです。

以下の記事では無添加のドッグフードの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

無添加ドッグフードの正しい選び方と愛犬におすすめしたいドッグフードランキング

無添加ドッグフードの正しい選び方と愛犬におすすめしたいドッグフードランキング

今すぐ見る!【国産ドッグフード】ランキング

②年齢やライフステージで選ぼう

わんちゃんは、子犬期・成犬期・老犬期によって必要な栄養バランスが異なるため、愛犬の年齢にあったフードを与えることで健康維持がしやすくなります。

全年齢用(オールステージ用)でも成分や与え方に注意すれば問題ありませんが、子犬に重要な栄養素が少ないものや、老犬には消化がしづらいものもあるため、年齢に合ったものが選びやすくなります。

子犬用は0〜1歳程度、成犬用は1〜7歳程度、シニア用は8歳〜と表示されているものが多いです。

子犬と成犬では、摂取すべきエネルギーや栄養素が異なります

そのため、成犬用のドッグフードを子犬に与えてしまうと、
栄養不足になってしまい

逆に子犬用を成犬に与えると、過剰摂取となり肥満に繋がります。

広報担当

オールステージと記載されたものは、全ての年齢の愛犬に与えられるので、確認してみてください。

フードックの案内犬

ドッグフードのパッケージに記載されているライフステージに合わせて適切なフードを食べさせてあげましょう。

子犬には栄養バランスと消化の良さを重視した「パピー用」

子犬には栄養バランスと消化の良さを重視した「パピー用」

成犬になる前の成長期の子犬には、パピー用のフードを与えましょう。

一般的に小型犬であれば生後10ヵ月程度まで中型犬であれば約1歳まで、大型犬であれば約1歳半までが成長期となります。

子犬・パピー用

成長に欠かせない栄養素(タンパク質・脂質・カルシウム)が
豊富で消化器の発達が十分ではない子犬でも消化しやすいものがおすすめ

  • 表記:子犬用、パピー用など
  • 対象:小型犬約10か月、中型犬約1才、大型犬約1才半まで
フードックの案内犬

子犬・パピー用は消化の良さと栄養価の高さを意識したレシピになっています

ペットフードにおける栄養基準や原材料に関するガイドラインを作成しているAAFCO(全米飼料検査官協会)の基準でもわかるように、成長期は特にタンパク質・カルシウムが多く必要です。

成犬には健康維持が目的の「アダルト犬用」

成犬には健康維持が目的の「アダルト犬用」

成犬には「成犬用」「アダルト用」と書かれたフードを与えましょう。

対象が広くもっとも種類が豊富なタイプですので、
多くの選択肢の中から商品を選ぶことが可能です。

成犬用

健康を維持する栄養バランスが理想。販売商品数が多く選択肢が広いため、愛犬の体型や症状、味の好みで絞り込むのがおすすめ

  • 表記:成犬用、アダルト用、全年齢対応、オールステージなど
  • 対象:小型犬約10か月~10才、中型犬約1才~10才、大型犬約1才半~7才
フードックの案内犬

成犬用は健康状態を維持することを意識したレシピになっています。

運動量の多い犬、室内で生活する犬など、各メーカーがライフスタイルに合わせてたくさんのフードを販売しているので「生活に合ったもの」という視点で商品を選ぶのがおすすめです。

老犬にはカロリーが低く栄養価の高い「シニア犬用」

老犬にはカロリーが低く栄養価の高い「シニア犬用」

老犬には、シニア犬用のフードを与えましょう。

フードックの案内犬

一般的に小型犬・中型犬の場合は10歳程度で、大型犬であれば7歳程度で老齢期に入ります。

シニア・老犬用

胃腸への負担軽減や肥満予防、筋力維持のために、脂質がやや低めでありタンパク質をしっかり補える、消化にいい原材料を使用したものがおすすめ

  • 表記:老犬用、シニア犬用、全年齢用、オールステージ用など
  • 対象:小型犬・中型犬約10才~、大型犬約7才~
フードックの案内犬

シニア犬用フードは低カロリーと高い栄養価をコンセプトにしたものが多く、運動量の少なさや健康が気になる高齢のワンちゃんに最適です。

噛む力が弱っている場合は、柔らかくて食べやすい半生タイプのドッグフードを選ぶのもおすすめです。

AAFCO(米国飼料検査官協会)のガイドラインでは、老犬用フードの明確な基準が記載されていません。「シニア犬用」といってもメーカーによって栄養バランスやその目的が異なるので、説明をよく読んでから購入してください。

今すぐ見る!【国産ドッグフード】ランキング

③ドライフードかウェットフードか決めよう

国産のドッグフードを選ぶときには、ドライフードかウェットフードか選びましょう。

どちらにもメリット・デメリットがあるため、愛犬にあわせて選びましょう。

保存しやすく種類も豊富な「ドライフード」

保存しやすく種類も豊富な「ドライフード」

日常的な食事用にはドライフードがおすすめ。
ドライフードは水分含有量が約10%以下のものを指し、
開封後も常温である程度保存できるのが特徴です。

総合栄養食としての商品が多く、栄養バランスに優れているフードです。

ドライフードは歯石予防やアレルギー用と謳っている商品も多く、
機能性のラインナップが豊富な点もメリットです。

ウェットフードよりも価格がお手頃で種類も多いため、
愛犬の体質や体調にあわせたフード選びがしやすいでしょう。

広報担当

ただし、フードが固く噛む力の弱いシニア犬だと食べにくいことも。

ウェットフードと比較して嗜好性が落ちるため、商品によっては食いつきが悪い場合もあります。

食いつきが期待できる「ウェットフード」

食いつきが期待できる「ウェットフード」

シニア犬やグルメな愛犬にはウェットフードが好適です。

ウェットフードは水分量が約75%と多いため柔らかく、
シニア犬でも食べやすい点も魅力です。

また、ウェットフードは香りがよくて食いつきもよいメリットもあります。
ドライフードを食べてくれない愛犬には、ウェットフードを与えてみましょう。

反面、ウェットフードは価格が高価なのがデメリットです。
また、開封前は長期間保存できるものの、開封後は日持ちしません。

日持ちを長くするために添加物が入っている場合もあるため、
必ず成分表をチェックしましょう。

小型犬には小粒、大型犬には大粒がおすすめ

口の小さい小型犬には「小型犬用」と書かれた小粒のフードが最適です。

食欲旺盛な大型犬には、大粒で満足度の高い「大型犬用」のフードを与えるのがおすすめです。
大粒ですがカロリーは低めであるため、お腹を満たせる分量を食べても問題ないように作られています。

広報担当

ただし「小型犬用」「大型犬用」と表記するためのルールは存在せず、
必ずしも上記のような特徴があるとは限りません。事前に商品の説明をしっかりと確認することが必要

特にドライフードは粒の大きさや形状のバリエーションが豊富に揃っています。
主に小粒や中粒、大粒があり、小粒は5〜8ミリ程度、
中粒は1センチ程度の大きさです。

メーカーによって各サイズは違うので、
パッケージに表示されている実寸を目安に検討しましょう。

一般的には、小型犬には小粒や中粒、中型犬の場合は中粒や大粒、大型犬なら大粒が適しています
ただし、子犬やシニア犬には消化しやすい小粒がおすすめです。

また、小型犬でも大粒を噛み砕いて食べるのが好きだったり、丸呑みするようにフードを食べる大型犬もいます。
丸呑みする食べ方だと大粒では喉につまらせてしまう可能性があるため、小粒の方が安心です。

広報担当

愛犬に与える粒のサイズは、犬種や体の大きさを基本として選び、好みも加味するといいでしょう。

②体の大きさや食欲で選ぼう

②体の大きさや食欲で選ぼう

小型犬や中型犬、大型犬ではそれぞれ体格が異なり、顎や胃腸の大きさも違います。
小食な子もいれば、食いしん坊な子、食べてもなかなか太らない子、減量が必要な子など様々なタイプがいます。

フードックの案内犬

愛犬の体型を確認し、愛犬の体格に合ったドッグフードを選びましょう。

BCS(ボディコンディションスコア)で愛犬の体型を確認しよう

BCS1:痩せている
BCS1:痩せている

見るだけでも肋骨や腰骨がはっきりと浮き出ている状態。触ると簡単に骨がわかる。
上から見ると、砂時計の様に肋骨部分とお尻の部分が膨らんで、ウエストが極端にくびれている。

愛犬がBCS1(痩せている)の場合

獣医師の指導のもと、愛犬の体調をみながら消化性が高いフードに変更しましょう。パピー用や妊娠中用、回復期用、消火器ケアのものがおすすめです。

BCS2:痩せ気味
BCS2:痩せ気味

肋骨が少し浮き出ていて、なでるとすぐに骨がわかる。
上から見ても横からみても、くびれがしっかりとわかる。

愛犬がBCS2(痩せ気味)の場合

適正体重まで太るよう栄養価が高いドッグフードに変更しましょう。消化吸収のいい魚やカロリーの高い牛肉などがメインのものがおすすめです。

BCS3:理想体型
BCS3:理想体型

骨が薄い皮下脂肪でおおわれていて、肋骨や腰骨も触ると感じとることができる。
腰のくびれやウエストはゆるやかに見てとれる。

愛犬がBS3(標準体型)の場合

体型維持ができるよう肉や魚がメインのフードに変更しましょう。去勢・避妊済みの場合は、太りやすくなる子が多いため高タンパク低カロリーのフードがおすすめです。

BCS4:太り気味
BCS4:太り気味

厚い皮下脂肪でおおわれていて、見た目では肋骨はわからない。
上からみたくびれはかろうじてあるが、横からみたウエストは引き締まっていない。

愛犬がBCS4(太り気味)の場合

適正体重に向けて給餌量の調整か腹持ちのいい繊維質が多めのフードに変更しましょう。メインは鹿肉など脂肪が比較的少ない肉で、太りやすい炭水化物である小麦や米はできるだけ避けるのがおすすめです。

BCS4:太り気味
BCS4:太り気味

見た目でも触っても肋骨が分からないほど、厚い皮下脂肪に覆われている。
上から見た時に腰はくびれが無く寸胴状態。横から見た時、ウエストは張り出し垂れ下がっている。

愛犬がBCS5(太っている)の場合

獣医師の指導のもと、高タンパク高繊維、低脂質の減量用フードに変更しましょう。メインは比較的脂質の低い馬肉や鹿肉、脂質を抑える加工がされた肉(乾燥肉など)で、カロリーは現状のフードより低いものがおすすめです。

犬好みの匂いが強いものがおすすめ

犬は食べ物を匂いで判断していると考えられています。
犬が好む肉の匂いや、腐敗臭のような匂いが強くする商品を選ぶことが食いつきのよさにつながります。

「オーガニックな素材にこだわった高級なフードを購入したが、匂いが弱くて全く食べなかった」という例もあります。

広報担当

匂いが弱くて全く食べなかったわんちゃんには、素材の良さよりも匂いを優先した方が食いつきがいい可能性があります。

どのような匂いを好むかは生活状況や育て方にも影響されますので一概には言えません。

一般的には、鮭の匂いは好きな犬が多いようです。

今すぐ見る!【国産ドッグフード】ランキング

④愛犬の年齢にあわせて選ぼう

幼犬・成犬・シニア犬と、ライフステージによって適するドッグフードは変わります。
愛犬の年齢にあったフードを選びましょう。

なお、下記は選び方の目安であり、体重や犬種によって適するフードは異なります。

成長期真っ只中の幼犬には、高たんぱく・高カロリーなフードがおすすめ

成長期真っ只中の幼犬には、高たんぱく・高カロリーなフードがおすすめ

1歳までの幼犬には、高たんぱく・高カロリーのドライフードを与えましょう。
幼犬は身体の成長にあわせて多くの栄養が必要になります。
良質な動物性たんぱく質を配合した総合栄養食を選んでください。

加えて、粒の小さなフードだと口の小さな幼犬でも食べやすいのでおすすめです。
幼犬から成犬へと移行する場合は、成犬用のドッグフードを少量ずつ増やしながら移行しましょう。

成犬には、健康維持のために栄養バランスのとれたフードが好適

成犬には、健康維持のために栄養バランスのとれたフードが好適

愛犬が成犬の場合は、健康維持を
サポートする栄養バランスのよいドッグフードを選びましょう。

バランスよく配合された総合栄養食がおすすめです。
たんぱく質・脂質・ビタミンなどの栄養をチェックしましょう!

成犬用のドッグフードは機能性に関するラインナップが充実しているため、
愛犬の体質にあわせたフード選びができるのもメリット

運動不足になりがちなときは低カロリーフードを、
歯の健康サポートには歯石対策フードなど、状態にあわせたフードを活用してください。

シニア犬には、肥満予防のカロリー控えめフードを

シニア犬には、肥満予防のカロリー控えめフードを

活動量が低下するシニア犬には、肥満予防のために、
カロリーと脂肪量が控えめのドッグフードがおすすめ。
噛む力が衰えた場合は、小粒のフードやウェットフードなどを与えましょう。

そのほかにも、シニア犬用に
健康をサポートする酵素や乳酸菌入りのドッグフードも販売されています。

今すぐ見る!【国産ドッグフード】ランキング

⑤体格にあわせたフード選びも大切

犬は超小型犬・小型犬・中型犬・大型犬に分けられ、
体格も運動量も異なるため、それぞれにあわせたフードを選ぶことが重要です。

なお、下記の選び方は1つの目安であり、個体差によって適するフードは異なります。

超小型犬・小型犬には、1回の食事でカロリーを補給できる高カロリーフード

超小型犬・小型犬には、1回の食事でカロリーを補給できる高カロリーフード

消化器官が小さい超小型犬・小型犬には、1回の食事でカロリーを補給できる高カロリーフードがおすすめ

広報担当

ただし、運動量の少ない室内犬には、肥満予防のために与えすぎに注意しましょう。

加えて、体の小さな超小型犬・小型犬は口やあごの大きさも小さいので、
食べやすい小粒サイズのフードがおすすめです。

さらに、歯垢・歯石のトラブルも多いため、歯石ケア用のフードも活用するとよいでしょう。
小型犬用ドッグフードは以下の記事でも紹介しているので、参考にしてくださいね。

活発な中型犬には、栄養バランス重視で体格にあった粒サイズの商品を選ぼう

活発な中型犬には、栄養バランス重視で体格にあった粒サイズの商品を選ぼう

中型犬は活発な犬種が多いため、健康を維持するために栄養バランスに優れたドッグフードがぴったり。

広報担当

ただし、屋外・屋内といった飼育状況や運動量などの個体差も大きいため、ライフスタイルにあわせて選びましょう。

また、口が小さい愛犬にはやや小粒サイズを、丸のみしてしまう癖がある愛犬にはやや大粒サイズを選ぶなど、
体の大きさにあわせて粒のサイズを決めましょう。

運動不足になりがちな大型犬には、低脂肪・低カロリーフードで肥満予防

運動不足になりがちな大型犬には、低脂肪・低カロリーフードで肥満予防

大型犬は体重が増えると関節や骨への負担が大きくなるので、
肥満予防のために低脂肪・低カロリーのフードを選ぶのがおすすめです。

広報担当

大型犬は食べる量が多く運動不足になる傾向もあるので、ライフスタイルにあわせたフードを与えることが大切です。

体格が大きく運動量も多い大型犬には、関節や骨の健康をサポートする成分が配合されたフードもおすすめ。

今すぐ見る!【国産ドッグフード】ランキング

国産おすすめのドッグフード

保存性、無添加、アレルギー対策、消化に良い
ドッグフードを総合した結果をもとに「国産おすすめのドッグフードランキング」を作成してみました。

商品画像商品名最安値内容量主原料対応年齢カロリー原産国特徴
PETOKOTO FOODS(ペトコトフーズ)PETOKOTO FOODS(ペトコトフーズ)4,830円公式サイト150g×12袋、24袋、36袋、48袋、96袋牛肉、豚肉、鶏肉、スケトウダラ全年齢対応150kcal日本グルテンフリー、ヒューマングレード、国産、無添加
ミシュワン小型犬用ドッグフードミシュワン小型犬用ドッグフード3,184円公式サイト800g、2kg鶏肉、馬肉、鶏レバー全年齢対応352kcal日本ヒューマングレード、国産、無添加
このこのごはんこのこのごはん3,278円公式サイト1kg鶏肉(ささみ、レバー)全年齢対応約343kcal日本ヒューマングレード、国産、小麦グルテンフリー、無添加
馬肉自然づくりドッグフード馬肉自然づくりドッグフード2,640円公式サイト1kg馬肉、鶏肉成犬〜シニア犬399kcal日本ヒューマングレード、国産、無添加
ココグルメココグルメ1,848円公式サイト800g、1,6kgチキン、ポーク、フィッシュ全年齢対応124kcal日本グレインフリー、ヒューマングレード、国産、無添加
YumYumYum!(ヤムヤムヤム)YumYumYum!(ヤムヤムヤム)1,980円公式サイト800g、1,6kg鶏肉生後2か月の子犬~シニア約280kcal日本ヒューマングレード、国産、無添加
国産ドッグフード うまか(UMAKA)国産ドッグフード うまか(UMAKA)5,204円Amazon1.5kg鶏肉全年齢対応350kcal日本ヒューマングレード、国産、無添加
安心犬活ドッグフード安心犬活ドッグフード1,650円公式サイト800g牛、鶏、馬、魚肉、豚レバー全年齢対応360kcal日本グレインフリー、ヒューマングレード、国産、無添加
ナチュロルナチュロル3,300円公式サイト850g牛、鶏、馬、魚離乳後の子犬~シニア400kcal日本グルテンフリー、グレインフリー、ヒューマングレード、国産、無添加
サクラペットフード ドライフード カリカリタイプサクラペットフード
ドライフード カリカリタイプ
3,990円Amazon800gビーフ、豚レバー、鶏レバー、チキンエキス全年齢対応330kcal日本国産、無添加
PRIMO プリモ 無添加ドライフードプリモ
無添加ドライフード
2,225円楽天500g、1kg、3kg、6kg牛肉、鶏肉、馬肉、レバー肉、魚肉、豚肉全年齢対応400kcal日本国産、無添加

総合評価

  • 4.56

  • 主原料

    5.0

  • 栄養バランス

    5.0

  • 無添加

    5.0

  • 安全性

    5.0

  • コスパ

    2.5

PETOKOTO FOODS
PETOKOTO FOODS
PETOKOTO FOODS
PETOKOTO FOODS

4,830(150g×12袋)

公式サイトから購入する

全犬種・全年齢対応のヒューマングレードを超える品質

人間もおいしく食べられるフレッシュな鶏肉を愛犬に食べさせたいという想いから開発した、 九州産華味鳥を100%使用、国産素材をメインに作った、品質の確かなドッグフード。

商品ランク

Aランク

※S~Eランクは売れ筋の人気ドッグフード徹底比較!の記事で比較しています。

内容量
150g×12袋(1.8kg)
150g×24袋(3.6kg)
150g×36袋(5.4kg)
150g×48袋(7.2kg)
150g×96袋(14.4kg)
価格
【初回購入】
150g×12袋:
4,830(税込)
150g×24袋:
8,960(税込)
150g×36袋:
12,740(税込)
150g×48袋:
16,660(税込)
150g×96袋:
33,320(税込)
【定期購入】
150g×12袋:
6,210(税込)
150g×24袋:
11,520(税込)
150g×36袋:
16,380(税込)
150g×48袋:
21,420(税込)
150g×96袋:
42,840(税込)
【単品購入】
150g×12袋:
6,900(税込)
150g×24袋:
12,800(税込)
150g×36袋:
18,200(税込)
150g×48袋:
23,800(税込)
150g×96袋:
47,600(税込)
※送料¥880
目的
総合栄養食
タイプ
フレッシュフード
対応年齢
全年齢対応
原産国
日本

おすすめな理由

  • 愛犬の食事量や体型に合わせてフードをカスタムできる
  • 4種類のメニューから自由に組み合わせできる
  • ヒューマングレードの国産食材をメインに使用

愛犬の好みに合わせて食材を選べる!

PETOKOTO FOODSは通販専用のドッグフードで、無料診断から愛犬の体型や体調、
食事量に合わせて適したフードをカスタマイズ可能。

10問の質問に答えると診断結果がわかり、食べきれる量のフードを2週間に1回のペースで定期購入できます。

食べきれる量のフードしか届かないのでいつでも新鮮なまま与えられ、
レシピは栄養学専門獣医師が開発。
4種類のメニューがあり、それぞれのメイン食材が異なるため、愛犬の好みに合わせやすいでしょう。

PETOKOTO FOODS(ペトコトフーズ)

PETOKOTO FOODS(ペトコトフーズ)を徹底比較!口コミや評判を実際に使ってレビューしました!

総合評価

  • 4.4

  • 主原料

    5.0

  • 栄養バランス

    5.0

  • 無添加

    5.0

  • 安全性

    5.0

  • コスパ

    2.0

獣医師監修の国産手作りドッグフード

ミシュワン小型犬用は、ヒューマングレードの肉類(鶏肉、馬肉、鶏レバー)を主原料とした国産ドッグフードです。

商品ランク

Sランク

※S~Eランクは売れ筋の人気ドッグフード徹底比較!の記事で比較しています。

内容量
1kg
価格
通常購入¥3,980(税込)
定期初回¥3,184(税込)
定期購入¥6,368(税込)
対応年齢
全年齢対応
メイン食材
鶏肉、馬肉、鶏レバー
目的
総合栄養食
タイプ
ドライフード
カロリー
352kcal/100g
原産国
日本

おすすめな理由

  • ヒューマンクオリティの食材と工場管理
  • 鶏肉・馬肉・まぐろなど動物性タンパク源がヘルシー
  • 喜んで食べるわんちゃんが多い
  • 体重管理に役立つ
  • 脂質が影響する健康の悩みをサポートしやすい
  • 小型犬に嬉しい成分が幅広く配合されている
  • 国産なので鮮度が良い

脂質が控えめ、体重管理に気をつけたい子におすすめ

基本的な安全性がしっかりと確保できているドッグフードだと感じました。

小型犬に対象を絞って栄養バランスや健康サポート成分・フード粒の形状が調整されているのも、この商品の優れたポイントです。

ミシュワン小型犬用

ミシュワン小型犬用を徹底比較!口コミや評判を実際に使ってレビューしました!

総合評価

  • 4.46

  • 主原料

    5.0

  • 栄養バランス

    5.0

  • 無添加

    5.0

  • 安全性

    5.0

  • コスパ

    2.0

健康と食いつきにこだわった最高のごはん

このこのごはんは、小型犬が抱えやすい悩み(涙やけ・体臭・毛並みなど)と向き合って開発された国産ドッグフードです。

商品ランク

Sランク

※S~Eランクは売れ筋の人気ドッグフード徹底比較!の記事で比較しています。

内容量
1kg
価格
【通常購入】1kg:
3,850(税込)
【定期初回購入】1kg:
3,278(税込)
【定期購入】1kg×2袋:
6,556(税込)
対応年齢
全年齢対応
メイン食材
鶏肉(ささみ、レバー)
目的
総合栄養食
タイプ
ドライフード
特徴
  • ヒューマングレード
  • わんちゃんに不要な添加物は使用しない
  • 小麦グルテンフリー
  • 国産

おすすめな理由

  • 7〜8mmのサイズの粒だから小型犬が食べやすい
  • お肉と果物がミックスされていて栄養バランスが良い
  • 酸化防止剤不使用なので添加物が少ない

低カロリーで高タンパクなドッグフード

このこのごはんには、低カロリーで高タンパクな鶏肉と鹿肉や、
タンパク質分解酵素が豊富な青パパイヤが含まれたりと愛犬の健康維持をサポートする自然素材がバランス良く含まれています。

粒は小さめの円形になっており、噛みごたえもあるのでフードを丸飲みしやすい愛犬にもぴったり。
小麦・グルテン・酸化防止剤・保存料がフリーの、愛犬の元気を維持しやすいヒューマングレードのフードです。

このこのごはん

このこのごはんを徹底比較!口コミや評判を実際に使ってレビューしました!

総合評価

  • 4.6

  • 主原料

    5.0

  • 栄養バランス

    4.0

  • 無添加

    5.0

  • 安全性

    5.0

  • コスパ

    4.0

ヒューマングレード100% 熊本馬肉をメインに使用した

馬刺しで有名な利他フーズから
販売されているドッグフード「馬肉自然づくり」。

熊本育ちの馬の肉を使った馬肉自然づくりは、
小型犬とシニア犬向けに作られた国産ドッグフードです。

商品ランク

Aランク

※S~Eランクは売れ筋の人気ドッグフード徹底比較!の記事で比較しています。

内容量
1kg
価格
【通常購入】
3,300(税込)
【定期初回購入】
2,640(税込)
【定期購入】
2,970(税込)
対応年齢
成犬〜シニア犬
メイン食材
馬肉、鶏肉
タイプ
ドライフード
カロリー
399kcal/100g
原産国
日本

おすすめな理由

  • 国産の原材料を使用
  • 飼い主的にも香りが良い
  • 人間も食べられる高品質な原材料を使用
  • 食べやすい小粒タイプ
  • ビタミンやミネラルも無添加
  • オイルコーティングなし
  • 小麦グルテンフリー

新鮮な馬肉を中心に理想の栄養バランスを実現

馬肉自然づくりはカナダ生まれの馬を熊本で「食肉用」として育てて使用しています。
人間用にさばいた馬刺しの切れ端を使っているため、人間も食べられる高品質な原材料を使用しています。

さらに原材料は全て国産、製造工場もHACCP対応です。

馬肉自然づくりドッグフード

馬肉自然づくりドッグフードを徹底比較!口コミや評判を実際に使ってレビューしました!

総合評価

  • 4.6

  • 主原料

    5.0

  • 栄養バランス

    4.0

  • 無添加

    5.0

  • 安全性

    5.0

  • コスパ

    4.0

獣医師監修の国産手作りドッグフード

CoCo Gourmet(ココグルメ)は、
愛犬の食事に悩む全ての飼い主様に選んでいただきたい、総合栄養食基準に準拠した、獣医師監修の国産手作りドッグフードです。

商品ランク

Aランク

※S~Eランクは売れ筋の人気ドッグフード徹底比較!の記事で比較しています。

内容量
800g(100g×8袋)、1,6kg(100g×16袋)
価格
【お試しモニターコース】
1,848(税込)
【通常購入(100g×8袋)】
3,498(税込)
【通常購入(100g×16袋)】
6,402(税込)
【定期購入】
\毎回20%OFF/
5115(税込)
目的
総合栄養食
対応年齢
全年齢対応
メイン食材
チキン、ポーク、フィッシュ
タイプ
フレッシュフード(冷凍)
カロリー
124kcal/100g
原産国
日本
特徴
#グルテンフリー #グレインフリー #ヒューマングレード #国産 #無添加
ライフステージ
#子犬 #成犬 #老犬
販売会社
株式会社バイオフィリア
公式サイト
株式会社バイオフィリア

おすすめな理由

  • 新鮮食材の手作りご飯
  • 総合栄養食基準に準拠
  • 食品と同等の衛生管理

健康的な体型を維持したいわんちゃんにおすすめ

高タンパクなフードほど、脂肪も多くなりがちですが、
使用するタンパク質(肉や魚)の種類によってカロリーを抑えられます。

たくさんのタンパク質を取りながらカロリーを抑えられるフードは、
成犬の体型維持のほかに、シニア犬やダイエット中のわんちゃんにもおすすめです。

ココグルメ

ココグルメを徹底比較!口コミや評判を実際に使ってレビューしました!

総合評価

  • 4.6

  • 主原料

    5.0

  • 栄養バランス

    5.0

  • 無添加

    5.0

  • 安全性

    5.0

  • コスパ

    3.0

YumYumYum!(ヤムヤムヤム)
YumYumYum!(ヤムヤムヤム)
YumYumYum!(ヤムヤムヤム)
YumYumYum!(ヤムヤムヤム)
YumYumYum!(ヤムヤムヤム)
YumYumYum!(ヤムヤムヤム)

1,980(500g+400g)

公式サイトから購入する

国産フード売上No.1 素材の香りを感じられるほどの品質ヒューマングレード

YumYumYum!(ヤムヤムヤム)は、添加物に頼らずに長期的に品質を保ち、さらに香りや味を損なわない、こだわりの製法で作りあげたソフト食感のフードです。

商品ランク

Aランク

※S~Eランクは売れ筋の人気ドッグフード徹底比較!の記事で比較しています。

内容量
ドライタイプ:500g
やわらかドライタイプ:400g(80g×5袋)
価格
2種類セットで
¥3,558(税込)
【初回購入】
¥1,980(税込)
100gあたり価格
¥395(税込)
【初回購入】¥220(税込)
対応年齢
生後2か月の子犬~シニア
メイン食材
鶏肉
目的
総合栄養食
タイプ
ドライフード/やわらかドライフード
カロリー
約280kcal/100g
原産国
日本

おすすめな理由

顎が弱い/偏食気味の小型犬におすすめ!国産食材の全年齢犬用ドライフードです。国産の若鶏生肉や鰹節などを加えたドッグフードを、おいしさを逃さないようにパック詰めしてレトルト加工。保存料無添加なのにしっとりソフトな食感です。袋を開ければ、人間もおいしそう!と感じる素材の香りがひろがります。顎の小さいパートナーにうれしい小粒タイプ。

YumYumYum!(ヤムヤムヤム) チキン ドライタイプ

YumYumYum!(ヤムヤムヤム) チキン ドライタイプを徹底比較!口コミや評判を実際に使ってレビューしました!

7

国産ドッグフード うまか(UMAKA)

総合評価

  • 4.6

  • 主原料

    5.0

  • 栄養バランス

    5.0

  • 無添加

    5.0

  • 安全性

    5.0

  • コスパ

    3.0

うまか(UMAKA)
うまか(UMAKA)
うまか(UMAKA)

3,278(1.5kg)

Amazonで購入する

全犬種・全年齢対応のヒューマングレードを超える品質

人間もおいしく食べられるフレッシュな鶏肉を愛犬に食べさせたいという想いから開発した、 九州産華味鳥を100%使用、国産素材をメインに作った、品質の確かなドッグフード。

商品ランク

Aランク

※S~Eランクは売れ筋の人気ドッグフード徹底比較!の記事で比較しています。

内容量
1.5kg
価格
通常購入:
¥5,478(税込)
定期初回:
¥3,278(税込)
定期購入:
¥4,930(税込)
対応年齢
全年齢対応
メイン食材
鶏肉
目的
総合栄養食
タイプ
ドライフード
カロリー
350kcal/100g

おすすめな理由

  • 主な原材料は国産の食材を使用
  • グルテンフリー、無添加なので与えやすい
  • グルコサミンとコンドロイチン配合

九州産の華味鶏肉を使用したヒューマングレードのドッグフード。

国産ドッグフード うまか(UMAKA)は九州産の華味鶏肉を使用したヒューマングレードのドッグフード。
必要な穀物だけを残したグルテンフリーなので継続して与えやすいことも特徴です。

グルコサミンのほか、オリゴ糖やビフィズス菌、
リンゴやニンジン、カボチャなどビタミン類や食物繊維も摂りやすい設計になっています。
100gで350gとカロリーが抑えられているので体型が気になる愛犬にもぴったりです。

UMAKAには体に悪い原料や注意すべき添加物も含まれていません。安心して利用できるドッグフードです。

国産ドッグフード うまか(UMAKA)

国産ドッグフード うまか(UMAKA)を徹底比較!口コミや評判を実際に使ってレビューしました!

8

安心犬活ドッグフード

総合評価

  • 4.6

  • 主原料

    5.0

  • 栄養バランス

    5.0

  • 無添加

    5.0

  • 安全性

    5.0

  • コスパ

    3.0

人間も食べられるヒューマングレード!国産の全年齢対応の総合栄養食

安心犬活ドッグフードは、口コミNo.1、無添加の国産ドッグフードということもあり、今愛犬家間で少しずつ注目を浴びているドッグフードです。

商品ランク

Aランク

※S~Eランクは売れ筋の人気ドッグフード徹底比較!の記事で比較しています。

内容量
800g
価格
【通常購入】
3,630(税込)
【定期初回】
1,650(税込)
【2回目以降(2袋)】
6,171(税込)
【6回目以降(2袋)】
5,808(税込)
対応年齢
全年齢対応
メイン食材
牛、鶏、馬、魚肉、豚レバー
目的
総合栄養食
タイプ
ドライフード
カロリー
360kcal/100g
原産国
日本
特徴
#グレインフリー #ヒューマングレード #国産 #無添加
ライフステージ
#子犬 #成犬 #老犬
販売会社
株式会社ライフワン
公式サイト
株式会社ライフワン

おすすめな理由

  • 国内製造で安心して与えられる
  • 愛犬の体に配慮した作りになっている
  • ドッグフード独特の匂いがせず、食いつきがよい

無添加でグルテンフリーだから安心

無添加でグルテンフリーなのでアレルギー体質のワンちゃんでも安心して食べられます。

他にもノンオイルコーティングや腸内環境を整えるオリゴ糖配合などワンちゃんの健康に配慮されています。

低温低圧製法にこだわることで、鮮度の高い素材の栄養と美味しさを最大限に生かしキープするため風味も抜群です。

安心犬活ドッグフード

安心犬活ドッグフードを徹底比較!口コミや評判を実際に使ってレビューしました!

総合評価

  • 4.46

  • 主原料

    5.0

  • 栄養バランス

    5.0

  • 無添加

    5.0

  • 安全性

    5.0

  • コスパ

    2.0

人間も食べられるヒューマングレード!国産の全年齢対応の総合栄養食

ナチュロルは人間も食べられるヒューマングレードの食材を使った、
国産の全年齢対応の総合栄養食です。動物性食材の割合は全体の55%以上で、国産フード

商品ランク

Aランク

※S~Eランクは売れ筋の人気ドッグフード徹底比較!の記事で比較しています。

内容量
850g
価格
【初回お試し】30g:
¥100
【通常購入】850g:
¥3,300
【定期購入】850g×2袋:
¥5,478
対応年齢
離乳後の子犬~シニア
メイン食材
牛、鶏、馬、魚
目的
総合栄養食
タイプ
ドライフード
カロリー
400kcal/100g
原産国
日本

おすすめな理由

  • 33品目の無添加、かつグレイン・グルテンフリー
  • 牛・鶏・馬・魚肉を全体の55%以上使用
  • 安定・持続型ビタミンCや乳酸菌も配合されており健康をサポート

ナチュロルの主原料は牛、鶏、馬、魚の生肉で55%以上!

動物性原料の割合をはじめ、産地まで明確に表示しています。
ドッグフードでは世界初!安定・持続型ビタミンCが配合され、年齢や持病によって不足しやすいビタミンCを補ってくれるのもナチュロルの大きな特徴です。

人工添加物やグルテン・グレインフリーのフードなので老廃物が貯まりにくく、消化もしやすくなっています。
良質な動物性タンパク質源として牛や鶏、馬などの肉をたっぷり使用しており、毛並みのよさもサポート。

乳酸菌やオリゴ糖、海藻なども含んでいるため腸内環境を整えることができ、生き生きとした毎日を過ごせるフードです。

ナチュロル

ナチュロルを徹底比較!口コミや評判を実際に使ってレビューしました!

10

サクラペットフードドライフード カリカリタイプ

総合評価

  • 4.5

  • 主原料

    4.8

  • 栄養バランス

    4.8

  • 無添加

    4.8

  • 安全性

    4.8

  • コスパ

    3.3

腸内環境を整え、お腹から愛犬の健康を考えたドッグフード

こだわりの新鮮&無添加!主原料は、新鮮な国産肉を使用、国産の安心なお肉をたっぷり使用した【食いつき抜群】のドッグフードです。

商品ランク

Aランク

※S~Eランクは売れ筋の人気ドッグフード徹底比較!の記事で比較しています。

内容量
800g
価格
800g:
¥1,820
800g×3:
¥3,990
対応年齢
全年齢対応
メイン食材
ビーフ、豚レバー、鶏レバー、チキンエキス
目的
総合栄養食
タイプ
ドライフード
カロリー
330kcal/100g
原産国
日本

おすすめな理由

  • 【食いつき抜群】骨・皮・内臓を含まない国産ビーフを主原料に使用
  • 【無添加】防腐剤無添加・化学合成保存料・着色料・香料不使用
  • 【国産】国産のお肉が主原料
  • 【国産】安心の国内製造
  • 乳酸菌,グルコサミン・コンドロイチン,オメガ3,6脂肪酸をバランスよく配合

11

PRIMOプリモ 無添加ドライフード

総合評価

  • 4.64

  • 主原料

    4.8

  • 栄養バランス

    4.8

  • 無添加

    4.8

  • 安全性

    4.8

  • コスパ

    4.0

PRIMO プリモ 無添加ドライフード
PRIMO プリモ 無添加ドライフード
PRIMO プリモ 無添加ドライフード
PRIMO プリモ 無添加ドライフード
PRIMO プリモ 無添加ドライフード

2,225(1kg)

楽天で購入する

総量の50%以上に新鮮な生肉を使った国産ドッグフード

プリモは、総量の50%以上に新鮮な生肉を使った国産ドッグフードです。油には新鮮なバージンオイルを使っているのが特徴で、酸化を最小限に抑えるために加熱を一度だけしています。

商品ランク

Aランク

※S~Eランクは売れ筋の人気ドッグフード徹底比較!の記事で比較しています。

内容量
500g、1kg、3kg、6kg
価格
500g:¥1,180
1kg:¥2,225
3kg:¥6,029
6kg:¥11,473
対応年齢
全年齢対応
メイン食材
牛肉、鶏肉、馬肉、レバー肉、魚肉、豚肉
目的
総合栄養食
タイプ
ドライフード
カロリー
400kcal/100g
原産国
日本

おすすめな理由

  • 生肉を50%以上使用し、元来肉食である犬の栄養バランスを考慮
  • 脂はバージンオイルを使用し、加熱を一度のみに限定して酸化を抑えている
  • 犬の健康にとって不要な合成保存料・酸化防止剤・着色料・抗カビ剤など添加物不使用
  • 原材料に肉骨粉・遺伝子組み換え食品は使われていない
  • オイルコーティングされていなくて犬の体に優しい
  • 神戸市内の工場にて低温・低圧の無発泡製法で製造し、栄養を損なわないよう配慮

国産ドッグフードのメリット・デメリットは?

国産ドッグフードのメリット・デメリットは?

日本ではペット先進国のアメリカやイギリスによりもドッグフードの基準が低いです。

あまりに価格が安い国産ドッグフードを購入すれば、
犬にとって不要な添加物や、消化に良くない穀物が含まれているデメリットも考えられます。

ですが国産のドッグフードなら、商品に質問や問題があったときに、
日本語ですぐに対応してもらえたり、製造から購入までの時間が短いので、
より風味が高い状態のものが手に入るメリット
もあります。

今回の記事でご紹介したように、
近頃は日本の基準を超える添加物無しの国産ドッグフードがたくさん販売しています。

原産国にこだわりすぎずに、愛犬の健康状態にあった品質のドッグフードを見極めて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本人の私たちは国産への安心感があり、家族として過ごしているワンちゃんにも安全なドッグフードを食べさせたくなりますよね。

しかし国産だからと言ってワンちゃんの好みは実際に食べさせてみないと分かりません。
様々なドッグフードを試してみて愛犬に一番合うフードを見つけてみて下さい。

検索

目次

WHAT'S NEW新着記事