おすすめドッグフードを徹底比較【フードック】のインスタグラム

食べ物 2023年2月1日

犬用ミルクおすすめ人気ランキング8選【与え方も解説】成犬や老犬の栄養補給にも

犬用ミルクおすすめ人気ランキング8選【与え方も解説】成犬や老犬の栄養補給にも

子犬の成長はもちろん!老犬まで、いろいろな用途で活用する犬用ミルク

与えすぎると太ってしまうため
愛犬の年齢や使い方によって適したものを選ぶのが重要です。

人間が飲む牛乳を飲ませたくなるかもしれませんが、
乳糖が多いため犬は消化できず下痢をしてしまうことがあります。

犬にはやはり犬用に作られたミルクを与えてあげることが大切です。

この記事では、犬用ミルクの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

犬用ミルクの与え方や、
いつまで与えればいいかも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

犬の健康をサポートしてくれる犬用ミルク

犬の健康をサポートしてくれる犬用ミルク

犬にミルクを飲ませるといっても、ピンとこない方もいることでしょう。

しかし、栄養バランスが高く、犬の健康維持にも一役買ってくれるので、
成犬や老犬、ライフステージを問わず与えることができます

フードックの案内犬

食欲がないときや、水分補給がうまくできていないときにもぴったり。

夏など季節によって食欲が落ちる犬にも、ミルクがあると食欲が増して
食べられるようになることも多く、病後の栄養補給や水分補給にもおすすめです。

ただし、もりもりドッグフードを食べている場合は、
カロリー過多になってしまうかもしれないので注意
してください。

牛乳はNG! 必ず犬用のミルクを用意しよう

犬用ミルクと牛乳の違いとして、
人間が飲んでいる牛乳は「乳糖」という成分がたくさん含まれています

フードックの案内犬

犬にはこの「乳糖」を分解する「ラクターゼ」という消化酵素が少ないため、
消化しにくく下痢を起こしやすいといわれています。

体質によっては、下痢を起こさない犬もいるようですが、
それでも牛乳を与えるのは危険です。

犬用のミルクは、犬のためにつくられているので犬に必要な栄養を調整してあります。

安心して与えられる、犬用ミルクを用意してあげてください。

犬用ミルクの選び方

犬用ミルクを選ぶ際は、犬の年齢や犬用ミルクのタイプをよくチェックすることが大切です。
ここからは、犬用ミルクの選び方をみていきましょう。

犬の年齢・ライフステージや目的に合ったものを選ぼう

犬の年齢・ライフステージや目的に合ったものを選ぼう

犬用ミルクは、与える目的や、犬のライフステージに合わせたものを選びましょう

フードックの案内犬

成長期の子犬には高タンパク高カロリーの子犬用ミルクシニア・老犬用には消化が良く内臓の負担になりにくいミルクがおすすめです。

商品によってどんなときに向いているかや、
適した犬の年齢が明記されているのでチェックしましょう。

また、全年齢に与えられる犬用ミルクもあります。
ミルクが好きな犬に、食欲がないときにかけると食べる、というときなどにも使えます

原材料や成分をチェックしよう

原材料や成分をチェックしよう

愛犬にとって必要な栄養素が含まれているものを選びましょう

犬の免疫力を高めるような効果を期待できる成分を含むミルクや、
体型の気になるワンちゃん用に脂肪分を控えめにしたミルクなどがあり、
ワンちゃんの状況によって選んであげることが大切になってきます。

フードックの案内犬

病中病後のワンちゃんには、消化吸収が優れていて、
さらにミネラルや電解質が豊富なミルクがおすすめです。

人工香料や着色料を使用していないものをなるべく選びましょう

リキッドタイプかパウダータイプか

リキッドタイプかパウダータイプか

犬用ミルクには、すでに液状になっているリキッドタイプと、
溶かして飲ませるパウダータイプがあります。

リキッドタイプはすぐにあげられるのがメリットで、子犬の母乳代わりなど、
食事として犬用ミルクをあげるときに向いています。

一方で、パウダータイプなら使いかけでも保管ができ、
フードに混ぜることもできるのがメリットです。

いずれの犬用ミルクも、
作り置きはせず必要な分だけ使用し、
あまったら捨てる
ようにしましょう。

乳糖カットや分解酵素かを確認しておこう

乳糖カットや分解酵素かを確認しておこう

哺乳類の乳汁には「乳糖(ラクトース)」という糖が含まれています。

牛乳よりも犬の母乳は乳糖が少ないため、
犬は人間や牛よりも乳糖を分解する酵素も少なくなっています。

フードックの案内犬

人工的に作られた犬用ミルクも乳糖がカットされているものや
乳糖を分解する酵素が配合されているものがそろっています。

ちなみに、「ヤギミルク」も乳糖が少ないため、ワンちゃんに与えるのに適しています。

犬用ミルクおすすめ

選び方を踏まえて、犬用ミルクのおすすめ商品を選びました。

子犬の母乳代わりから、成犬や老犬に与えたいときまで、商品選びの参考にしてください。

商品画像ドギーマン ペットの牛乳 シニア犬用ミルク本舗 奇跡のヤギミルクドギーマン わんちゃんの国産牛乳 7歳からのシニア用森乳サンワールド ドッグメンテナンスミルクWowono!(ワオーノ!) ヤギミルク森乳サンワールド ワンラック ドッグミルク森乳サンワールド プレミアムドッグミルク日本ペットフード ビタワン マミール 子犬のミルク
商品名ドギーマン
ペットの牛乳 シニア犬用
ミルク本舗
奇跡のヤギミルク
ドギーマン
わんちゃんの国産牛乳 7歳からのシニア用
森乳サンワールド
ドッグメンテナンスミルク
Wowono!(ワオーノ!)
ヤギミルク
森乳サンワールド
ワンラック ドッグミルク
森乳サンワールド
プレミアムドッグミルク
日本ペットフード
ビタワン マミール 子犬のミルク
価格495(税込)1,680(税込)1,332(税込)1,064(税込)1,460(税込)1,445(税込)1,691(税込)1,986(税込)
リンクAmazonで見るAmazonで見るAmazonで見るAmazonで見るAmazonで見るAmazonで見るAmazonで見るAmazonで見る

8

日本ペットフードビタワン マミール 子犬のミルク

4.3

食事代わりに使用できる犬用ミルク

母乳に近い成分に調整された子犬のためのミルクです。

パウダータイプなので発育や月齢に応じて量が調節しやすく、
調乳するときも溶けやすくなっています。

カロリー
550kcal(100gあたり)
内容量
250g
価格
1,986(税込)
原産国
日本
対象年齢
子犬~成犬まで
タイプ
パウダー
ブランド
ビタワン

おすすめな理由

  • よく溶けて使いやすい
  • 母乳と同等の優れた栄養バランスで子犬を健康に育てます
  • 成犬の栄養補給にもぴったり

補助食ではなくドライフードと同じ総合栄養食として作られた犬用ミルクのため、
子犬の母乳代わりはもちろん、食欲がない成犬や老犬の一次的な食事代わりのミルクとしても使用できます。

7

森乳サンワールドプレミアムドッグミルク

4.3

幼犬の発育と免疫維持におすすめ!

初乳やラクトフェリン等の機能性素材を豊富に配合したミルクです。

カロリー
552kcal(100gあたり)
内容量
150g
価格
1,691(税込)
原産国
日本
対象年齢
幼犬
タイプ
パウダー
ブランド
ワンラック (ONE LAC)

おすすめな理由

  • 成分をより母乳に近づけ、乳糖を調整した特殊調製粉乳
  • 幼犬をドッグミルクだけで哺育
  • 犬の母乳に近い成分

成犬やシニア犬にもご使用いただけます。
(1日に必要なカロリーの20%以内を目安)

6

森乳サンワールドワンラック ドッグミルク

4.3

幼犬用の幼犬に合わせた栄養配分で体の発育や健康をサポート

最新の知見・技術により成分を犬の母乳に近いミルクです。
生まれたばかりの幼犬をドッグミルクだけで哺育できます。

カロリー
552kcal(100gあたり)
内容量
50g・270g
価格
1,445(税込)
原産国
日本
対象年齢
幼犬
タイプ
パウダー
ブランド
ワンラック (ONE LAC)

おすすめな理由

  • おなかに優しいミルク
  • 幼犬をドッグミルクだけで哺育
  • 犬の母乳に近い成分

成犬やシニア犬にもご使用いただけます。
(1日に必要なカロリーの20%以内を目安)

5

Wowono!(ワオーノ!)ヤギミルク

4.2

ミルク・ふりかけ、シーンで使い分けられるパウダータイプ

オランダ産のヤギ乳から脂肪分だけを除いてあるため、
低カロリーで高い栄養価のパウダーミルクです。

牛乳にくらべて乳糖と脂肪球が少ないため、
犬のおなかにやさしく栄養補給に使いやすいでしょう。

カロリー
301kcal(100gあたり)
内容量
100g
価格
1,460(税込)
原産国
オランダ
対象年齢
シニア
タイプ
パウダー
ブランド
Wowono!

おすすめな理由

  • 消化もしやすいため、ワンちゃんも安心。
  • 低カロリーで高栄養価!
  • ワオーノ!のヤギミルクは無添加・無着色

パウダーなので水に溶かすのはもちろん、フードにふりかけて使えますよ。

愛犬に低カロリーのミルクを与えたい飼い主さんにうってつけです。

4

森乳サンワールドドッグメンテナンスミルク

4.3

成犬・シニア犬の健康サポートに役立つ栄養素がたっぷり

ビタミン・ミネラル類のほか、L-カルニチン・グルコサミン・コンドロイチンなどを配合し、
調整ミルクならではの栄養バランスでシニア犬の健康をサポートできます。

妊娠期や授乳期に必要な成分が含まれているため、母犬の栄養補給にもおすすめ。
乳糖が調整されており、お腹にやさしい点もよいですね。

カロリー
435kcal
内容量
280g
価格
1,064(税込)
原産国
日本
対象年齢
成犬、シニア犬
タイプ
パウダー
ブランド
ワンラック(ONE LAC)

おすすめな理由

  • 成犬・シニア犬の健康をサポート
  • おなかに優しいミルク
  • 骨と関節の健康をサポート

しっかり栄養補給するためのミルクを探している人は要チェックです。

3

ドギーマンわんちゃんの国産牛乳 7歳からのシニア用

5.0

乳糖を完全に分解してあるお腹にやさしいミルク

九州産の牛乳を使用し、人工着色量と香料を入れずに素材のおいしさを生かして作られています。

犬に消化できない乳糖を製造過程で完全に分解してあるため、お腹にやさしいミルクです。

カロリー
50kcal(100gあたり)
内容量
200ml
価格
1,332(税込)
原産国
日本
対象年齢
シニア
タイプ
リキッド
ブランド
ドギーマンハヤシ

おすすめな理由

  • おなかにやさしい
  • ペットのための「乳糖ゼロ」
  • シニア期にうれしいコンドロイチン、グルコサミン配合

軟骨形成成分が配合されているので、シニア期の関節の健康維持をサポートできますよ。

シニア犬向けのお腹にやさしいミルクを探している人にうってつけです。

2

ミルク本舗奇跡のヤギミルク

4.2

牛乳が苦手な犬にも試せる栄養補給ミルク

牛乳を飲んだときにお腹を下す原因となる
成分α-caseinがほぼ含まれていないので、牛乳が苦手な犬にも与えられます。

子犬から成犬まで幅広い年齢に対応できるだけでなく、
ハムスターやフェレットなど小動物の栄養補給にも使用可能。

カロリー
522kcal
内容量
100g
価格
1,680(税込)
原産国
オランダ
対象年齢
幼犬・成犬
タイプ
パウダー
ブランド
ミルク本舗

おすすめな理由

  • ヤギ原乳をそのまま粉末
  • ヤギは雑食性なのでミルクには栄養が豊富
  • 細胞が小さいために消化吸収がスムーズ
  • シニア犬にうれしい低カロリー

パウダータイプでかさばらず、保管が簡単なのもうれしいポイントです。

犬の多頭飼いをはじめ、たくさんの動物を飼っている人におすすめですよ。

1

ドギーマンペットの牛乳 シニア犬用

4.2

シニア犬にうれしい乳糖ゼロの牛乳

オーストラリアの乳牛から作られた、シニア犬向けのミルクです。

完全に乳糖を分解してあるためお腹が弱くなりやすいシニア犬でも飲みやすく、
香料不使用なので生乳の美味しさをそのまま味わえます。

カロリー
60kcal(100g当たり)
内容量
250ml、1000ml
価格
495(税込)
風味
ミルク
対象年齢
シニア犬用
タイプ
リキッド
ブランド
ドギーマン

おすすめな理由

  • おなかにやさしい乳糖ゼロ
  • 人口着色料や香料、防腐剤なし
  • シニア犬の健全な生活をサポート
  • シニア犬にうれしい低カロリー

未開封であれば常温で1年保存できるので、ストックしておきやすく便利ですよ。

シニア向けのおいしいミルクを探している人におすすめです。

犬用ミルクの作り方

犬用ミルクの作り方?

子犬にミルクを与えるときの作り方は、
沸騰させたお湯を50~70度まで冷まし、清潔な哺乳瓶に入れます。

その後1回分の粉ミルクを入れ、キャップをつけたら振りながら溶かします。

フードックの案内犬

子犬に与えるときは、35~40度まで冷めたことを確認してから与えましょう。

成犬に与える場合も、作り方は適量のお湯で粉ミルクを溶くことに変わりありません。

いつもの食事量も考えて、ご飯と一緒に与えたり、
間食として与えてカロリーバランスを取りましょう。

犬用ミルクの正しい与え方

犬用ミルクの正しい与え方

犬用ミルクを子犬に母乳代わりに与える場合には、
哺乳瓶に犬用ミルクを調乳して与えます。

乳歯が生えてきたら、哺乳瓶からミルクを皿にうつして与えましょう

食欲がないときや栄養補給の目的で、
成犬や老犬、産前産後の犬に与えたいときは、
液状のミルクや粉のままフードにかける方法もあります。

人間が口にする牛乳や粉ミルクを犬に与えると、
消化不良や下痢になる可能性があるため避けたほうがよいでしょう。

愛犬の体のことを考えてミルクをあげるなら、犬用ミルクを用意してあげてくださいね。

子犬のミルクの作り方を動画でわかりやすく説明しています。

子犬にいつまでミルクをあげればいい?

子犬にいつまでミルクをあげればいい?

ミルクを飲んですくすく育つ子犬。生後まもなくから、
ミルクを主食とする期間のことを「哺乳期」といいます。

フードックの案内犬

環境省の「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」によると、
「哺乳期は生後30日程度まで」とされています

そのため、生後1カ月ほどはミルクを与えてよさそうです。

哺乳期から、離乳食を食べる時期を「離乳期」といいますが、
「離乳期は生後約20日から60日くらいまで」とされています。

この時期に、市販の犬用離乳食などを与えてみてください。

犬に与えても良い乳製品

犬に与えても良い乳製品

牛乳を原料としていてもチーズやヨーグルトのような発酵食品は発酵の過程で乳糖が分解されて軽減しているため、犬に与えることができます。

チーズ

チーズは栄養が豊富でタンパク質やビタミン、カルシウム、鉄分が含まれています。
チーズは塩分が多く含まれているので、人間用よりもペット用のチーズを与えるようにしましょう。

また、人間用でもカッテージチーズやモッツァレラチーズのようなフレッシュタイプのチーズは塩分が少なく、低カロリーですので、おすすめです。

ヨーグルト

ヨーグルトには、乳酸菌が多く含まれています。

腸内環境を整える、免疫力を高める、口臭予防などの効果が期待できます。
脂肪の少ない無糖のものを適量与えると良いでしょう。

KEYWORD

キーワード一覧

人気記事

WHAT'S NEW新着記事